YouTube動画を切り抜くには?動画切り抜きツールは、動画の分割やトリミングを行うためのものです。この記事では、YouTube動画切り抜きツールをご紹介します。MiniTool MovieMakerは、YouTube動画の分割・トリミングをしたり、オリジナルの動画を作成したりできる、初心者に最適なフリーソフトです。

世界最大の動画共有サイトであるYouTubeには、面白い動画がたくさんあります。YouTubeの動画をトリミングして、ミームやGIFを作りたいことがあるでしょう。さて、動画をトリミングするにはどうすれば良いでしょうか?

YouTubeには、動画の分割やトリミングが可能なエディターが内蔵されていますが、非常に使いにくいです。なので、無料でシンプルな動画切り抜きツールをいくつか試してみると良いでしょう。今回は、お勧めのツールを5つご紹介します。その中にはダウンロードした動画を切り抜けるものや、オンラインで利用できるものがあります。

YouTube動画切り抜きツールベスト5

  1. MiniTool MovieMaker
  2. Windowsフォト
  3. iMovie
  4. Kapwing
  5. YouTube動画エディタ

YouTube動画切り抜きツール ベスト5

#1. MiniTool MovieMaker

MiniTool MovieMakerは、無料で初心者にも使いやすく、動画に透かしが入らない編集ソフトです。シンプルで直感的なインターフェースが特徴で、初心者から上級者まで簡単に動画の分割、トリミング、結合、回転などを行えます。

さらに、トランジション、フィルター、アニメーションテキストといった機能も提供しており、優れた動画の作成に役立ちます。

MiniTool MovieMakerのメインインターフェース

長所:

  1. シンプルで使いやすいインターフェース
  2. 無料、シンプル、広告なし、透かしなし
  3. ウェディング動画、旅行動画などのテンプレートを提供し、シンプルなタイムラインで簡単にYouTube動画を作成できる
  4. 音声ファイルの分割・トリミング・結合や、動画への音楽追加も可能
  5. 無料のトランジション、フィルター、アニメーションテキストを動画に適用できる
  6. 動画を回転させたり、色を変えたり、3次元LUTを適用したりできる
  7. 動画品質、ビットレート、動画形式、解像度の変更が可能(動画を音声ファイルに変換する、動画からGIFを作成するなど)

短所:

  1. 事前にYouTubeから動画をダウンロードしておく必要がある
  2. 対応OSはWindowsのみ

関連記事:YouTube動画をダウンロードする方法

ユーザーレビュー: MiniTool MovieMakerは、無料で広告のない動画エディターで、既製テンプレートから簡単に動画を作成できます。切り抜き、結合、字幕追加、ノイズ除去など、動画編集に必要な基本機能を搭載しています。

#2. Windowsフォト

Windows 10に内蔵されているフォトアプリは、動画エディターとしての機能があり、動画の切り抜きにも利用できます。ダウンロードしたYouTube動画をインポートしたら、すぐに動画のトリミングができます。また、写真から動画を作成して、YouTubeにアップロードすることも可能です。

長所:

  1. トリミング、分割など、動画編集の基本的な機能を搭載
  2. 動画にモーションエフェクト、3Dエフェクト、フィルターを追加できる
  3. 黒帯を消したり、表示したりできる
  4. BGMを無料提供

関連記事:動画から黒帯を取り除く

短所:

  1. テンプレートを提供していない
  2. 対応OSはWindowsのみ

ユーザーレビュー: Windowsフォトは単なる画像ビューアーではなく、動画作成・編集のための基本的な機能を併せ持つツールです。

#3. iMovie

Macユーザーは、無料動画エディターであるiMovieでYouTube動画のトリミングができます。予告編やテンプレートが付属しており、動画の作成、分割、トリミング、クロップが簡単です。完成した動画はYouTubeに投稿できます。

長所:

  1. 美しい動画テンプレートやハリウッド風の予告編を提供
  2. 無料の背景、トランジション、アニメーションタイトル、クレジットを収録
  3. 分割、トリミング、クロップ、フィルターなど、動画編集に必要なツールをほぼすべて搭載
  4. YouTubeや他のSNSに直接投稿可能
  5. iPhone版・Android版あり

短所:

対応OSはmacOSのみ

関連記事:Windows版iMovie

ユーザーレビュー: iMovieは非常に身近で使いやすく、動画の分割だけでなくYouTubeへのアップロードも可能なツールです。

#4. Kapwing

Kapwingは、MP4、3GP、AVIなどあらゆる種類の動画ファイルに対応する無料・オンラインの動画トリミングツールです。コンピューターから動画をアップロードするかYouTubeのURLを入力し、動画の始点・終点を指定すると、最適な長さにトリミング・カットされます。

オンライン YouTube クリッパー

長所:

  1. ソフトウェアをインストールすることなく、動画をトリミングできる
  2. 正確な開始時間と終了時間を指定してトリミング
  3. 複数のパートを1つに結合

関連記事: 動画の結合

短所:

エクスポートできる形式が少ない

ユーザーレビュー: 動画のトリミング、分割、字幕の追加、動画の作成をブラウザ上で行えるオンライン動画エディターです。

#5. YouTube動画エディタ

YouTubeには動画エディターが内蔵されており、動画のトリミングや切り抜きが可能です。また、動画の音声を消したり、別の音声に置き換えたり、要素を追加したり、モザイクをかけたりもできます。

長所:

  1. 無料
  2. 膨大な音楽ライブラリを無料で利用可能
  3. アップロードした動画すべてにアクセス可能

短所:

  1. 現時点では基本的な動画編集機能のみ
  2. 変更内容を確認するには、ページを更新する必要がある

ユーザーレビュー: YouTube動画エディタでは、動画の分割、トリミング、BGMや字幕の追加などが可能ですが、シンプルなツールであるが故、他の基本的な編集機能は搭載されていません。

関連記事:YouTube動画エディタの代替ツール

無料のYouTube動画切り抜きツール5種類を、皆さんと共有したいと思います。Twitterでシェア

YouTube動画の切り抜き方法

YouTube動画の分割やトリミングに利用する切り抜きツールは、ダウンロードしてからトリミングするものと、オンラインでトリミングするものの2種類があります。続いて、YouTube動画をトリミングする詳しい手順をご覧下さい。

#1. ソフトウェアでYouTube動画を切り抜く

MiniTool MovieMakerは、無料で使いやすい動画エディターで、YouTube動画の切り抜きにも利用できます。これを使って動画を切り抜くには、以下の手順に従います。

MiniTool MovieMakerのようなソフトウェアでYouTube動画を分割・トリミングするには、YouTubeから動画をダウンロードする必要があります。動画をダウンロードするには、MiniTool uTube Downloaderのような無料のYouTube動画ダウンローダー・コンバーターをご利用下さい。

ステップ1: YouTube動画をMiniTool MovieMakerにインポートする

MiniTool MovieMakerをダウンロード・インストールします。

無料ダウンロード

起動したらムービーテンプレートのウィンドウを閉じて、メインインターフェースに入ります。

「Import Media Files」ボタンをクリックして、ダウンロードしたYouTube動画をインポートします。

動画ファイルをタイムラインにドラッグ&ドロップします。

ステップ2: YouTube動画のトリミング・切り抜き

YouTube動画のトリミング

動画冒頭または最後の不要な部分を削除するには、トリミングを行います。MiniTool MovieMakerでできるトリミングの方法は2つあります。

方法1.YouTubeの動画クリップの端にカーソルを置き、アイコンを前後にドラッグします。

方法2.動画を選択し、ツールバーにあるハサミのアイコンをクリックして「Full Split」を選択します。これにより、動画がフレームごとにトリミングされます。

フレームごとにYouTubeビデオをトリム

YouTube動画の分割

MiniTool MovieMakerでは動画のトリミングの他、分割も可能です。

分割したい箇所まで再生ヘッドをドラッグし、ハサミのアイコンをクリックすると動画が分割されます。

YouTubeビデオを分割する

注意:動画を分割した後、一部を削除したり、画像を挿入したり、クリップ間にトランジションを追加したりできます。

ステップ3: <動画のエクスポート

最後に動画をエクスポートします。MiniTool MovieMakerは、MP4やWAVなどさまざまな動画形式で保存できる他、動画品質やビットレート、解像度などの変更も可能です。

MiniTool MovieMakerは、シンプルで使いやすいため初心者に最適で、YouTube動画の作成と編集に役立つ基本的な機能を搭載しています。動画にアニメーションタイトルを追加したり、回転させたり、3次元LUTを適用したり、複数の動画や音声ファイルを結合したりできます。

さらに、恋愛、結婚、旅行などのテンプレートを豊富に取り揃えています。テンプレートの選択、メディアファイルのインポート、エクスポートという3ステップだけで、簡単に動画を作成できます。

#2. オンラインでYouTube動画を切り抜く

編集せずにYouTube動画を切り抜くには、YouTubeの内蔵エディターのようなオンラインツールをご利用下さい。それでは、オンラインでYouTube動画をトリミングする手順を解説します。

ステップ1: YouTubeを開き、アカウントにサインインします。Google Chromeの使用をお勧めします。

ステップ2.画面右上にあるアバターをクリックし、「YouTube Studio (Beta)」を選択します。

ステップ3: 画面左の「動画」をクリックします。

ステップ4: トリミングしたい動画のタイトルをクリックし、「編集」を選択します。

ステップ5: 「トリミング」をクリックし、青いバーをドラッグして動画の始点と終点を指定します。

ステップ6: トリミングした動画を保存します。

YouTube動画エディタは、YouTube内で動画の切り抜きが可能な無料ツールですが、機能が制限されており、例えば動画の結合はできません。動画を結合するには、MiniTool MovieMakerをお試し下さい。

YouTube動画を切り抜く方法は2種類あります。Twitterでシェア

最後に

動画の最初、途中、最後を切り抜くには?動画切り抜きツールはYouTubeの動画をわずか数分で切り抜くことができます。たくさんの種類があるので、自分のニーズに合うものを選びましょう。

ここで特にお勧めなのはMiniTool MovieMakerです。シンプルなインターフェースで簡単に動画の切り抜きができ、他にも動画編集に役立つ機能を提供しています。特筆すべきは、完成した動画に透かしが入らないことです。そのため、動画に透かしを入れたくない方に最適です。

ご質問がございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

YouTube動画切り抜きツール よくある質問

YouTube動画を切り抜くには?

  1. MiniTool MovieMakerを起動します。
  2. YouTube動画をインポートし、タイムラインにドラッグ&ドロップします。
  3. 動画を再生し、切り抜きたい箇所で一時停止して、ハサミのアイコンを選択します。
  4. 完成した動画を保存します。

YouTube動画をダウンロードするには?

  1. MiniTool uTube Downloaderを起動します。
  2. ダウンロードしたい動画を探し、「ダウンロード」ボタンをクリックします。
  3. MP4などのファイル形式を選択します。
  4. 「ダウンロード」ボタンをクリックします。

YouTube動画をトリミングするには?

YouTubeには、動画のトリミング・分割ができるエディターが内蔵されています。もちろん、YouTubeの動画をダウンロードして、MiniTool MovieMakerなどの動画編集ソフトでトリミングすることも可能です。YouTube動画をインポートしてタイムラインに追加し、始点と終点を指定すると、動画がトリミングされます。

自分のものでないYouTube動画をカットするには?

他人のYouTube動画をカット・トリミング・分割するには、まずYouTubeダウンローダーを使って動画をダウンロードします。そして、動画カッターを使ってカットします。

  • Linkedin
  • Reddit