WebMファイルとは?WebMファイルを再生する方法は?おすすめのWebMファイルを無料で再生するアプリは?WebMをMP4に変換する方法は?WebMファイルを無料でダウンロードする方法は?WebMファイルを編集できますか?このMiniTool softwareの記事では、これらの疑問に対する答えを示します。

WebMファイルとは?

WebMファイルを再生する方法は?

心配しないでください。この記事では、WebMフォーマットとは何か、最高のWebMプレーヤー、およびWebMファイルに関する他のヒントを示します。

WebMファイルとは

WebMファイルは、拡張子が.webmのビデオファイルです。その形式は、MKVファイル拡張子を使用する同じビデオ形式をベースにしています。

MKVファイルを無料で編集する方法(ステップ・バイ・ステップ・ガイド)
MKVファイルを無料で編集する方法(ステップ・バイ・ステップ・ガイド)

この記事では、無料動画エディター「MiniTool MovieMaker」でMLVファイルを編集する方法をご紹介します。

もっと見る

WebMファイルはVP8技術を使用してビデオを圧縮し、Ogg Vorbis形式にオーディオを圧縮します。つまり、WebMファイルは、H.264 / MPEG4-AVC規格の代替です。

一般的、WebMファイルはHTML5のvideoタグでストリーミング配信し、ほとんどのWebブラウザでサポートされています。たとえば、YouTubeには360pから高解像度までのWebMビデオが多くあります。それに、YouTubeの動画をWebMにダウンロードすることもできます。

WebMファイルを再生する方法

WebMファイルはHTML5でビデオストリーミングされているため、Webブラウザで再生できます。

  • Google Chrome、Mozilla Firefox、Microsoft Edge、Operaのようなブラウザを開きます。(Safariは使用できません)。
  • キーボードショートカットを使ってファイルブラウザを開きます。(Windows:Ctrl + Oキー、Mac:Cmd + Oキー)
  • WebMファイルをダブルクリックして再生します。

ブラウザでWebMファイルを再生できない場合は、WebMプレーヤーを試してみてください。しかし、すべてのビデオプレーヤーがwebmファイルをサポートしているわけではありません。次に、macOSとWindows用の5つの最高の無料WebMプレーヤーを紹介します。

フリーWebMプレイヤートップ5

  1. MiniTool MovieMaker
  2. Windows Media Player
  3. VLC
  4. Miro
  5. 5K Player

無料WebM再生ソフトトップ5

プレーヤーにはさまざまな種類がありますが、WebMファイルを再生するには、WebMプレーヤーの使用をお勧めします。

#1.MiniTool MovieMaker

MiniTool MovieMakerは、強力な機能を持つ無料の動画作成ソフトとして推奨されています。この無料ツールは、動画の作成と編集に使われるだけでなく、MKV、MP4、WebMなどの形式のビデオを再生するプレーヤーとしても使用されます。さらに、この無料ツールはWebMを別のビデオ形式(例えば:GIF)に変更することをサポートします。

2022年版 Windows 10向けお勧め無料MP4プレイヤー
2022年版 Windows 10向けお勧め無料MP4プレイヤー

Windows 10に最適な無料のMP4プレイヤーはどれ?ここでは、Windows 10向けの無料MP4プレイヤーを9つご紹介しています。お使いのコンピューターに合わせてお選び下さい。

もっと見る

MiniTool MovieMakerは無料、広告なし、バンドルなしのツールです。WebMファイルやその他のビデオファイル、オーディオファイルの再生に対応しています。

無料ダウンロード

WebMファイルを再生する方法

  • 上のボタンからMiniTool MovieMakerを取得し、インストールした後、開いて[New Project](新規)ボタンをクリックします。
  • 画面左上の「Import Media File」(メディアファイルのインポート)をクリックし、WebMファイルをインポートします。
  • インポートしたビデオをタイムラインにドラッグ&ドロップし、再生ウィンドウの「Play」(再生)ボタンをクリックして確認します。そして、「Ful Screen」(フルスクリーン)ボタンを選択します。

「Play」(再生)ボタンをクリックする

最後、WebM ファイルをお楽しみください。この無料の動画ツールは、WebMファイルを編集するための以下のような基本的な機能も備えています。

  • ビデオをトリミング、分割、回転し、複数のファイルを1つに結合して新しいビデオを作成します。
  • タイトル、サブタイトル、エンドクレジットなどのテキストをビデオに追加します。
  • ビデオにトランジションフィルター効果を適用します。
  • ビデオのBGMをミュートしたり、ビデオに音楽を追加したり、ビデオからオーディオを抽出したりすることもできます。

つまり、MiniTool MovieMakerは、優れた動画編集ソフトであると同時に、WebMなどの動画ファイルフォーマットに対応した動画再生ソフトでもあります。

メリット

  • 無料、広告なし、バンドルなし、ウォーターマークなし、WebMビデオエディタとWebMコンバータの両方です。
  • WebM、AVI、MP4、MP3など、さまざまなメディア形式に対応します。
  • ビデオの作成・編集に対応します。
  • ビデオフォーマット、ビデオビットレート、ビデオ解像度、ビデオ品質の変更に対応します。

デメリット

対応OSはWindowsのみです。

#2.Windows Media Player

Windowsでは、一般的に、動画ファイルの再生にWindows Media Playerを使用します。ただし、このプレーヤーが必要なオーディオおよびビデオコーデックを備えていない場合、WebMファイルを再生することはできません。Windows Media Player 12のユーザーはWebM Media Foundation Componentsををインストールする必要があり、以前のユーザーはWebM DirectShow Filtersをインストールする必要があります。

Windows Media Playerを開き、メディアライブラリ内のWebMファイルをダブルクリックすると、WebMファイルが再生されます。

メリット

  • Windows Media Playerの見た目の変更に対応します。
  • 動画やファイルの友人への共有に対応します。
  • ストリーミングビデオの再生に対応します。
  • wma、mp3、dat、amr、aviなど多くのフォーマットの再生に対応しています。

デメリット

  • MKV形式はサポートしていません。
  • 音を大きくする機能はありません。

MKVファイルを無料で編集する方法(ステップ・バイ・ステップ・ガイド)
MKVファイルを無料で編集する方法(ステップ・バイ・ステップ・ガイド)

この記事では、無料動画エディター「MiniTool MovieMaker」でMLVファイルを編集する方法をご紹介します。

もっと見る

#3.VLC

VLC Media Playerはクロスプラットフォームなフリーソフトで、Windows、Linux、Mac、iPhone、Androidに対応し、ほぼすべての動画フォーマットに対応しています。WebMプレーヤーとして使用することができます。字幕、オーディオ、ビデオの設定をサポートしています。

メリット

  • ビデオの回転に対応します。
  • マウスのジェスチャーでこのビデオプレーヤーを制御できます。
  • PCの画面録画に対応します。
  • 複数のビデオの同時再生に対応します。

デメリット

メタデータの編集は、他のプレーヤーほど簡単ではありません。

#4.Miro

Miroは、オープンソースの無料音楽プレーヤーとビデオプレーヤーです。このプレイヤーは、幅広い範囲のオーディオファイルやビデオファイルの再生と、ビデオや音楽ライブラリの整理をサポートしています。iTunesよりも柔軟性の高いフリーソフトです。さらに、MiroはYouTubeのビデオダウンロードや動画フォーマットの変換も可能です。

メリット

  • Windows、macOS、Linuxに対応します。
  • YouTube、podcasts、Amazon、BitTorrentからビデオをダウンロードできます。
  • ほぼすべてのビデオをMP4/H264に変換できます。

動画形式を変換するには?無料の動画変換ツール トップ6
動画形式を変換するには?無料の動画変換ツール トップ6

動画形式を変更したいですか?動画形式をMP4に変更するには?この記事では、動画形式を簡単に変更できる動画変換ツールを6つご紹介します。

もっと見る

デメリット

4K以上の解像度を再生できません。

#5.5K Player

5K Playerは、8K 360度動画を含み、すべての一般的な音声ファイル形式の再生に対応する強力なメディアプレーヤーです。その上、ビデオコレクション全体の管理をサポートします。

5K Playerは、PCのビデオライブラリー全体を読み込みますので、ハードディスクから検索するのではなく、このプレーヤーから直接WebMファイルを選択してください。

さらに、5K Playerは、YouTube、Vimeo、Facebook、Dailymotionの動画のダウンロードに対応しています。この無料の5Kプレーヤーは、広告でサポートされています。ビデオを見るときには広告が表示されませんが、ライブラリーを検索したり、設定を調整したりするときに表示されることがあります。

メリット

  • Windows 10/8/7/XP、Mac OS X 10.6以降に対応します。
  • ロッシー/ロスレス音楽の再生に対応します。
  • YouTube、Facebookなどからビデオをダウンロードできます。

デメリット

広告が含まれています。

Twitterでシェア

WebMファイルに関するヒント

トップ5のWebMプレーヤーを紹介した後、さらに3つのコツを紹介します。

  1. WebMファイルを編集する方法は?
  2. WebMをMP4または他のビデオファイル形式に変換する方法は?
  3. YouTubeからWebMファイルをダウンロードするには?

次に、それらの答えを示します。

WebMファイルを編集する方法

MiniTool MovieMakerは Windows用の最高の無料WebMプレーヤーです。同時に、この無料プレイヤーは優れたWebMエディタでもあります。この無料ツールは、WebMファイルを編集するための基本的な機能を提供します。

MiniTool MovieMakerのメインインターフェイスでは、メニューバーとツールバーに多くのオプションが表示されます。

  • フェードイン、フェードアウト、ディゾルブ、等のようなトランジションを動画に追加できます。
  • ビデオフィルターを適用したり、ビデオにテキストを追加したりすることができます。
  • 複数のWebMファイルの結合、ビデオの分割/トリム、ビデオへの音楽追加、動画のバックグラウンドノイズのミュート、ビデオの回転に対応します。
  • ビデオの形式変換、品質変更、解像度変更、ビットレートの変更をサポートします。
  • 動画にKen Burnsエフェクトを適用できます。
  • ビデオの速度を変更したり、ビデオを逆再生することができます。

例えば、ビデオにテキストを追加したい場合は、「Text」(文字)ボタンをクリックし、captionモジュールをタイムライン上のにドラッグ&ドロップします。(タイトルとエンドクレジットは、ビデオの最初か最後に追加します。) 次に、テキストの単語を変更し、保存します。

「Text」(文字)ボタンをクリックする

もっと多くの機能を体験したいなら、この無料のWebMプレーヤー/WebMエディターをダウンロードしてください。

WebMをMP4に変換する方法

MP4とH.264は長年に渡って使用されているため、MP4形式が標準になります。それに対し、WebMファイルが人々に利用されるようになったのは、ごく最近のことです。

ほとんどのデバイスはMP4ビデオの再生に対応していますが、WebMファイルの再生と編集に対応していないものがあります。例えば、iphoneなどアップル社の端末は、WebMファイルをサポートしていません。したがって、WebMをMP4に変換することが必要な場合があります。

MiniTool MovieMakerはWebMプレイヤーとWebM 変換ソフトです。使用方法は次のようです。

  • MiniTool MovieMakerを開き、WebMファイルをインポートします。
  • WebMファイルをタイムラインにドラッグ&ドロップします。必要に応じて、ビデオのトリミング(不要な部分を削除)など、ビデオファイルを編集できます。
  • エクスポートボタンをクリックし、WebMファイルをMP4に保存します。

詳しくは、「WebMをMP4に変換する方法」をご覧ください。

WebMファイルをMP4に保存する

もちろん、このWebM変換ソフトはWebMをMP4、MKV、MP3などの形式に変換できます。または、MiniTool MovieMakerでMP4をWebMに変換することもできます。

Twitterでシェア

WebMファイルをダウンロードする方法

YouTubeの動画をWebMにダウンロードするには、MiniTool uTube Downloaderを試してみてください。この無料のYouTubeダウンローダソフトは、ビデオ、字幕、YouTubeの再生リストのダウンロードをサポートします。

ステップ1.MiniTool uTube Downloaderを開きます。

ステップ2.ダウンロードしたいビデオを見つけ、「ダウンロード」ボタンをクリックします。

ステップ3.WebM形式を選択し、「ダウンロード」ボタンをクリックします。

WebM形式を選択し、[ダウンロード]ボタンをクリックする

最後に

WebMビデオファイル形式は、他のビデオ形式に代わるオープンソース形式であり、インターネットビデオのファイル形式と広く見なされています。WebブラウザまたはWebMプレーヤーでWebMファイルを再生できます。

必要に応じて、以上のトップ5無料WebMプレイヤーから適切なプレイヤーを選択してください。ebMファイルを再生する良い方法をご存知でしたら、コメントを残して私たちと共有していただけませんか?

WebMプレイヤーに関するよく質問

WebMファイルを再生する方法は?

  1. MiniTool MovieMakerを開き、メディアファイルをインポートします。
  2. WebMファイルをタイムラインにドラッグ&ドロップします。
  3. 再生ウィンドウで「play」(再生)ボタンをクリックします。

VLCはWebM形式に対応しますか?

VLCは、ほぼすべてのビデオファイル形式をサポートするオープンソースのメディアプレーヤーです。Windows、MacでVLCを使用してWebMファイルを再生できます。再生方法:Windowsでは、VLCをインストールし、再生したいビデオファイルを右クリックし、「プログラムから開く」を選択し、VLCを選択します。

WebMを編集できますか?

はい、WebMファイルを編集することができます。WebMファイルへのテキスト追加、WebMファイルの分割/トリム、WebMファイルと他のファイルの結合による新しいビデオの作成、WebMと他のビデオフォーマットへの変換が可能です。MiniTool MovieMakerは無料のWebMプレイヤー、WebMコンバーター、WebMエディターです。

MP4より、WebMの方が良いのでしょうか?

WebMとMP4はどちらも良いビデオフォーマットです。MP4ビデオファイル形式とH.264は長年に渡って使用されてきました。したがって、MP4はもう標準になりました。WebMはMP4のオープンソースの代替手段であり、HTML5と組み合わせてインターネットで使用することを特に目的としています。つまり、それぞれにメリットとデメリットがあります。

  • Linkedin
  • Reddit