HEVCは、その安定性と多くの高度な機能から、現在主流となっている動画ファイル形式です。この記事では、HEVCとは何か、そしてMiniTool MovieMakerをはじめとするHEVCプレイヤーについてご紹介します。

HEVC とは?

HEVCはHigh-Efficiency Video Codingの略で、H.265やMPEG-H Part2とも呼ばれます。MPEG-Hプロジェクトに属する動画圧縮規格で、広く普及しているコーディングの後継規格です。

AVCと比較すると、HEVCは同じ画質レベルで25%~50%のデータ圧縮が可能で、同じビットレートでも動画品質が飛躍的に向上しています。8K UHDを含む最大8192×4320の解像度に対応し、新たな動画コーデックの主流になりつつあります。

お勧めHEVCプレイヤー トップ5

このパートでは、お使いのデバイスでHEVC/H.265動画を簡単に再生できるプレイヤーを5つご紹介します。

# MiniTool MovieMaker

対応OS: Windows

HEVCの再生に最もお勧めなのはMiniTool MovieMakerです。HEVCだけでなく、他の一般的な動画、音声、画像ファイル形式も再生できるフリーソフトです。

本来の動画編集ソフトとして、HEVC動画の再生速度変更、反転、音声除去、テキスト追加、GIF作成も可能です。

無料ダウンロード

MiniTool MovieMaker

# DivX Player

対応OS: Windows & Mac

10億以上のダウンロード数を誇るDivX Player は、映画やテレビ番組を高画質で再生し、最大4K画質のDivX、AVI、MKV、HEVCファイルに対応しています。

DivXソフトウェアはWindowsとMacに対応しており、3つのコンポーネント(DivX Player、DivX Converter、DivX Media Server)を使った動画再生・変換・キャストが可能です。

# Cyberlink PowerDVD

対応OS: Windows

CyberLink PowerDVDは、DVD、動画ファイル、音楽ファイル、写真などのメディアを再生できるユニバーサルメディアプレイヤーです。HEVCなどの高画質メディアの再生だけでなく、PC上のあらゆるコンテンツを1箇所にまとめて整理できます。

ダウンロード自体は無料ですが、1ヶ月の試用期間が終了したら月額または永久プランに加入する必要があります。

# Potplayer

対応OS: Windows

Potplayerは、HEVC、MP4、AVI、MKV、H.264などの一般的な動画形式やコーデックをスムーズに再生できる、Windows用の無料マルチメデイアプレイヤーです。

高性能・高機能というだけでなく、3DコンテンツやBlu-ray映画も音質や画質を損なうことなく再生できます。

関連記事: お勧め動画プレイヤー トップ12

# 5KPlayer

対応OS: Windows & Mac

5KPlayerは、HEVCメディアファイルの再生に優れたパフォーマンスを発揮するプレイヤーです。HEVC以外にも、MP4、MKV、AVIなど多数の動画形式に対応しており、360°再生も可能です。

また、YouTube、Dailymotion、Vimeoなどから音楽トラックをダウンロードすることもできます。

最後に

この記事を読んで、HEVCとはどのようなファイルなのか、それを再生するにはどうしたら良いかについてお分かりいただけたかと思います。ご質問やご意見がございましたら、[email protected]または下記のコメント欄にお寄せ下さい。

  • Linkedin
  • Reddit