VLCにはフォントキャッシュの再構築などの煩わしい動作があるので、代わりのものが必要になることがあります。この記事では、WindowsやMacで使えるVLCの代替品をご紹介しています。自分の状況に応じて、適切な代替ソフトを選びましょう。

VLCメディアプレイヤーを使ったことはありますか?この記事では、Windows、Linux、Macで使える、動画や音声の再生に最適なVLC代替ソフトをご紹介しています。

VLCは、VideoLANプロジェクトによって開発された、無料、オープンソース、ポータブル、クロスプラットフォームのメディアプレイヤーおよびストリーミングメディアサーバーです。不完全・未完成・破損した動画も再生できますが、うまく機能しないことがあります。

例えば、こんな実話があります。

私は長いことVLCメディアプレイヤーを愛用してきました。しかし、更新のお知らせが来て実行したところ、ムービーの上に緑の線が出るようになってしまいました。問題を解決しようと、バックアップをインストールしたり、アンインストールしてからインストールしたりと、あらゆる方法を試してみましたが、どれもうまくいきませんでした。今回の更新までは、すべてが順調でした。誰か解決策をご存知ですか?気が狂いそうです。助けて下さい。宜しくお願いします。

代替品を使うことで、この問題を簡単に解決できます。VLCメディアプレイヤーでよくある問題は以下の通りです。

VLCの代替品が必要な4つの理由

1.破損したファイルを再生できない

VLCメディアプレイヤーは未完成の動画や破損した動画を再生することができますが、時々それがうまくいかず、ファイルが破損しているという警告が表示されます。実際には、このファイルはまだダウンロードの途中です。

2.対応していないコードやファイル形式がある

VLCは多数のコードやファイル形式に対応していますが、中には難しいコーデックの設定を必要とするファイル形式もあります。

3.突然クラッシュする

通常のファイルを見たり、字幕を挿入したり、フルスクリーンにしたりすると、VLCメディアプレイヤーが突然クラッシュすることがあります。

4.スピーカーが破損する

VLCメディアプレイヤーを長時間大音量で使用していると、スピーカーが破損することがあります。残念ながら、Dellなど一部のメーカーは、スピーカーの交換をハードウェア保証の対象外としています。そのため、VLCを使うときは音量を下げましょう。

それでは、動画ファイルや音声ファイルを再生するため、VLCの代替品を探しましょう。上記のような問題に直面していなくても、VLCに代わる適切なソフトを用意しておくことは良い方法です。

多くの人がインターネット上でVLCの代替ソフトを探しているため、この記事でWindows、Mac、Linux用のお勧めVLC代替ソフトをリストアップしました。これを読んで、自分に合うものを見つけましょう。

パート1: VLCの代替品(Windows)

VLCは無料の動画編集ソフトですが、使いづらいインターフェースやフォントキャッシュの再構築などの問題があるため、代わりのソフトを探した方が良いでしょう。それでは、以下のWindows用VLC代替ソフトをお試し下さい。

No 1. Windowsムービーメーカー

Microsoftが開発した動画編集ツール「Windowsムービーメーカー」をご存知の方は多いでしょう。動画を観るだけでなく、テキストの追加など簡単な編集が可能です。

関連記事Windowsムービーメーカーで動画にテキストを追加する方法(ステップ・バイ・ステップ・ガイド)

このツールは2017年1月10日に正式に販売終了となっているので、どこで入手できるのか知りたい方もいらっしゃると思います。それでは、次のボタンをクリックしてダウンロードして下さい。

無料ダウンロード

長所

  • 写真の閲覧だけでなく、動画の再生にも対応
  • 動画の編集が簡単にできる
  • YouTubeやFacebookなどで動画を共有できる

短所

  • Microsoftからの公式提供は行われていない
  • 音楽のみの再生は不可

ムービーメーカーの使い方|初心者向けステップ・バイ・ステップ・ガイド
ムービーメーカーの使い方|初心者向けステップ・バイ・ステップ・ガイド

ムービーメーカーの使い方ガイドを読んで、優れた動画を自分で簡単に作る方法を学びましょう。

もっと見る

No 2. 5KPlayer

5KPlayer は、無料の(MKV)HDビデオプレイヤーであり、音楽プレイヤーでもあります。WindowsとMac OS Xに対応しているので、VLCが突然クラッシュしてしまう場合はこれをお試し下さい。

長所

  • MKV、M2TS、MPEG1/2、WMV/ASF、AVI、MOV、RM、OGV、FLV、MP4、264、M4V、WEBMなど、多数の動画形式に対応
  • 4K UHD動画を不具合なく再生できる
  • 1080pまたは1080iの高精度動画を10%のCPUコストで再生
  • MP3 AAC APE FLACの音楽を完璧に再生し、五感を刺激する
  • YouTube、Facebook、Vimeoなどからオンライン動画をダウンロードできる

短所

初心者には使いづらい

No 3. Windows Media Player

Windows Media PlayerもVLCの代替ソフトの1つで、動画ファイルと音声ファイルを再生できます。Windowsコンピューターだけでなく、Pocket PCやWindows Mobileでの画像プレビューも可能です。

WindowsMediaPlayerはVLCのもう1つの代替手段です

長所

  • すっきりしたインターフェース
  • 充実した音楽ライブラリ
  • ネットワーク共有にに対応
  • オンライン音楽サービスにアクセス可能

短所

  • 4K、3D、360度動画には非対応
  • VRヘッドセットには非対応

No 4. 写真アプリ

Windows 10に搭載されている写真アプリは、動画を再生するだけでなく画像を閲覧することもできます。動画のトリミングにも対応しています。

関連記事動画を簡単にすばやくカットする方法(決定版)

写真アプリを試してビデオを再生する

長所

  • 動画をすばやく再生
  • シンプルでタッチしやすいインターフェース
  • 写真の閲覧や自動アルバム作成が可能
  • クールな動画編集効果

短所

  • 顔のタグ付けは不可
  • パノラマステッチングやセレクティブフォーカスには非対応

No 5. KMPlayer

KMPlayerは動画だけでなく音声も再生可能で、AVI、ASF、WMV、AVS、FLV、MKVなど、Windowsで再生できるほぼすべての形式に対応しています。再生速度を変更したり、動画の一部をお気に入りとして選択したりできます。

長所

  • 多くの音声・動画形式に対応
  • 3DやVRに対応しており、関連する設定も可能です。
  • 充実した字幕管理機能
  • 音声と動画のキャプチャが可能

短所

広告あり(隠された条項や誤解を招くような条項はないが、Avast Antivirusをインストールするかどうかを尋ねられる)

Windows用のVLC代替ソフトについて学んだ後は、こちらの動画ツールをご覧下さい。

No 6. MiniTool MovieMaker

MiniTool MovieMakerは無料かつシンプルな動画ツールで、動画や写真の閲覧が可能です。動画やスライドショーを簡単にすばやく作成できます。例えば、私はいつもこれを使ってFacebookスライドショーを作っています。

長所

  • WMV、MP4、AVI、MOV、F4V、MKV、GIF、MP3など、多くの動画形式に対応
  • ウィザードのようなインターフェース専門的な知識や技術を必要とせずにムービーを作成できる
  • クールなムービーやハリウッド風の予告編を簡単に作成できるテンプレート
  • 簡単にすばやく写真から動画を作成できる
  • カラー、スタイル、トーンを数分で変更できるフィルター
  • プレゼンテーションやスライドショー、ムービーを見栄え良く、印象的にするトランジションを多数提供
  • 大きな動画を小さなパーツに分けるだけでなく、動画をトリミングしてクリップの最初や最後から不要なフレームを削除する詳しくはこちら:「簡単に動画をトリミングする方法(写真付きステップ・バイ・ステップ・ガイド)

短所

現時点でWindows OSのみに対応

無料ダウンロード Twitterでシェア

パート2: VLCの代替品(Mac)

VLCメディアプレイヤーが動作しない場合、Macユーザーの方は以下の代替品をお試し下さい。

No 1. QuickTime Player

Macユーザーの間でお馴染みのQuickTime Playerは、VLCの代替品としてもお勧めです。MacのデフォルトムービープレイヤーであるQuickTime Playerは、動画、音楽、画像などさまざまな形式のメディアファイルに対応しています。

  • 通常の1/2倍~3倍の再生速度を設定できる
  • ハードドライブ上、インターネット上の動画を観ることができる
  • QuickTime Proのライセンスキーを購入することで、Macの画面を録画したり、ムービーを編集したり、動画から音声を抽出したりできる

No 2. MPlayerXメディアプレイヤー

MPlayerXは無料でオープンソースのメディアプレイヤーで、VLCの代替品としてもお勧めです。

  • FFmpegとMPlayerを搭載しているため、追加のプラグインやコーデックパッケージを必要とせず、世界中のあらゆるメディアフォーマットを処理することができる
  • ジェスチャーを使った簡単な操作による再生コントロール
  • 字幕ファイルのエンコード方式を自動的かつシームレスに検出・変換

No 3. Movist

Movistはシンプルかつ強力なMac用の無料プレイヤーで、QuickTimeやFFmpegだけでなく字幕にも対応しています。

  • 使いやすい
  • 美しく便利なユーザーインターフェース
  • アスペクト比の調整やキーボードショートカットの設定などが可能

残念ながら、Apple Remoteには対応していません。

パート3: VLCの代替品(Linux)

まずは、私の親友の実例をご紹介します。

私は長年にわたり、LinuxでVLCを使ってきました。しかし、最近になって原因不明のエラーが頻発するようになり、トラブルシューティングも試しましたがうまくいきませんでした。代わりに使えるメディアプレイヤーはありますか?

それなら、Linux用の代替品を試してみましょう。

No 1. Bomi Player

Bomi Player(通称CM Player)はLinuxで問題なく動作し、GUI機能も備えています。

  • 使いやすく、コンテキストメニューにあるような強力な機能を搭載
  • すべての音声ファイルと字幕に対応
  • 再生記録がすべて保存され、古いプレイリストの閲覧も可能

No 2. SMPlayer

SMPlayerは、他のメディアプレイヤーと同様、すべてのデフォルト形式に対応しています。

  • 内蔵のコーデックで直接YouTubeの動画を再生
  • インターネットから字幕を読み込み、動画再生時にすべての設定を保存
  • レジュームに完全対応

Twitterでシェア

どれを選びますか?

VLCメディアプレイヤーの代わりに使える動画編集ツールをご紹介しました。その中から、自分の動画を再生するのにぴったりなものを選びましょう。

あなたはどれを選びたいですか?コメント欄にお寄せ下さい。

他に良い代替品がございましたら、ぜひお知らせ下さい。宜しくお願いします!

VLCの代替品 よくある質問

VLCはお勧めのメディアプレイヤー?

VLCは無料、オープンソース、ポータブル、クロスプラットフォームのメディアプレイヤーで、不完全・未完成・破損した動画も再生可能です。

VLCはQuickTimeより優れている?

QuickTime PlayerはmacOSにバンドルされており、デフォルトで使用できます。一方、VLCは多数の音声ファイル形式や動画ファイル形式に対応しており、Windows、Mac、Linuxで利用できるため、最良の選択肢として挙げられることが多いです。

VLCより優れたメディアプレイヤーは?

  1. PotPlayer
  2. KMPlayer
  3. Media Player Classic – Home Cinema
  4. ACG Player
  5. GOM Media Player
  6. DivX Player
  7. Kodi
  8. Plex
  9. 5KPlayer
  10. MediaMonkey

Windows 10に最適な動画プレイヤーは?

  1. VLC Player
  2. PotPlayer
  3. Media Player Classic – Home Cinema

  • Linkedin
  • Reddit