今では誰もが、日常生活のあらゆる出来事を写真に収めています。しかし、信頼できるWindowsフォトビューアーを選ぶことはなかなか難しいです。そこで、MiniTool製を含むWindows用フォトビューアーのトップ10をまとめました。

パート1: Windows 10のお勧めフォトビューアートップ10

このパートでは、Windows 10で画像を簡単に表示・整理できるフォトビューアーを10種類選びました。1つずつ見ていきましょう。

1.MiniTool MovieMaker

Windows 10で使える高度なフォトビューアーをお探しの方には、まずMiniTool MovieMakerをお勧めします。

MiniToolが開発したMiniTool MovieMakerは、広告やウイルスを一切含まない、100%無料のフォトビューアーです。さまざまなファイル形式に対応し、美しくコンパクトなユーザーフェースを持つフォトビューアーで、Windows 10に対応しています。写真を使ってミュージックビデオを作ることもできます。

  • 写真: BMP, ICO, JPEG, JPG, PNG, GIF
  • 音声: MP3, FLAC, M4R, WAV, M4A, AAC, AMR
  • 動画: 3GP, MOV, AVI, FLV, MKV, MP4, MPG, VOB, WMV, RMVB

最大の特徴は、多くのフォトビューアーとは異なり、動画ファイルの編集、音声ファイルの編集、そしてGIFからMP4のような一般的なファイルフォーマット間の変換ができることです。

無料ダウンロード

MiniTool MovieMaker

2.Microsoftフォト

Windows 10をお使いの方は、コンピューターにフォトビューアーが内蔵されていることに気付かないかもしれません。それがMicrosoftフォトです。フォトエディターとしても使用できます。

このフォトビューアーは、他の多くのフリーソフトよりも編集機能が充実しています。Microsoftフォトでは、3Dの蝶やレーザーなどの特殊効果を追加することができます。写真の管理がしやすいフォトビューアーで、タイムラインに写真や動画が自動的に配置されます。

3.IrfanView

IrfanViewは、15年以上前から提供されている老舗のソフトウェアです。コンピューター上の写真をすばやく閲覧したり、スライドショーを作成したりできる、優れたソフトウェアの1つであり続けています。軽量で直感的な操作が可能で、大容量のグラフィックファイルにも対応しています。

IrfanViewは単なる画像ビューアーではなく、他の機能も搭載しています。OCRに対応しているので、画像内のテキストを認識して編集可能なフォーマットに書き出すことができます。色調補正やウォーターマーク、フィルターの追加なども効率的に行うことが可能です。

4.FastStone Image Viewer

FastStone Image Viewerは、フルスクリーンモードと複数言語に対応しているフォトビューアーです。多数の魅力的なトランジション効果を備えたスライドショーオプションを搭載しています。マルチモニター構成に対応しているので、大量の画像を処理するときに便利です。ファイルの表示、名前の変更、変換を一括でできます。

コンピューター上のほとんどの画像形式や、12種類のカメラが使用するファイル形式など、さまざまな種類のファイルに対応しています。つまり、カメラ内にあるオリジナルの画像ファイルを開いて、閲覧したり編集したりできるのです。

スライドショーメーカー トップ10(Windows版・Mac版)
スライドショーメーカー トップ10(Windows版・Mac版)

スライドショーメーカーを10種類ご紹介していますので、自分にぴったりなものを選んでスライドショーを作成してみましょう。

もっと見る

5.XnView

Xnviewは、当初はUnixシステムのみに対応していましたが、現在はWindowsのフォトビューアーとしても使えるようになっています。複数の言語、500種類以上の画像形式、カメラRAWなどのコーデックに対応しています。また、動画ファイルや音声ファイルを見られるマルチメディア閲覧プラットフォームとしても利用できます。 

XnViewでは、画像をすばやく閲覧したり、フルスクリーンやスライドショーモードで表示したり、さまざまなオプションを使って画像を分類したりできます。画像の回転、切り抜き、サイズ変更などの基本的な画像編集機能を備えています。スライドショー、ウェブページ、動画のサムネイルの作成にも役立ちます。

6.HoneyView

HoneyViewは、スタイリッシュなユーザーインターフェースを持つ、Windows 10用としては最も基本的なサードパーティ製フォトビューアーです。PNGやGIFなどの画像形式に対応しています。画像にGPS情報がある場合は、Googleマップで撮影場所を確認できます。

写真のコピー、フォルダへの移動、回転、サイズ変更、ブックマークなどができる、シンプルな写真管理ツールです。ZIPやRARフォルダ内のファイルを解凍せずに表示する機能もあります。

7.ACDSee Ultimate

ACDSee Ultimateでは、画像を簡単に閲覧したり、編集機能にすばやくアクセスしたりできます。マウスやキーボードの操作で、写真のスクロールや回転、拡大・縮小ができます。画像をワンクリックでデスクトップの壁紙に設定できます。

ACDSee UltimateをWindows 10の画像ビューアーとしてお勧めする理由の1つは、ZIPアーカイブ内のファイルを解凍せずに閲覧できることです。露出や色、コントラストの補正、赤目の修正など、写真の基本的な編集ができます。

8.JPEDView

JPEGViewは、JPEG、BMP、PNG、WEBP、TGA、GIF、TIFF画像に対応した、シンプルで高速、かつ高度な設定が可能なフォトビューアー・エディターです。

このフォトビューアーには、画像ファイルブラウザのほか、シャープネス、カラーバランス、回転、遠近、コントラスト、局所的な露出アンダー/オーバーなど、豊富なクイック編集ツールが搭載されています。1つのフォルダに複数の画像を入れて、スライドショーを作ることもできます。

9.123 Photo Viewer

123 Photo Viewer は、基本的な編集に使えるフィルターやエフェクトを多数備えた、高速で使いやすいプログラムです。さまざまな画像形式に対応し、コンピューター上の写真を簡単に管理できるため、Windows 10のフォトビューアーとしてお勧めです。

ファイル形式の変換や、複数の画像のサイズ変更、名前の変更などを一括で行うことができます。WebP、APNG、GIFなどのアニメーションファイル形式にも対応しています。

10.Googleフォト

Googleフォトは、Windows 10の通常のフォトビューアーではありませんが、非常に便利なツールです。すべての写真や動画をクラウドに保存することで、ソフトウェアをインストールすることなく、いつでもPCやスマホからアクセスできます。

完全に無料で、GoogleフォトのウェブサイトをPWAとして保存するだけです。バックアップ&同期ツールを使えば、コンピューターから画像をアップロードできます。ただし、アニメやムービーを作成する機能を持っていないことが唯一の欠点です。

関連記事: お勧めアニメメーカートップ10

この記事では、Windowsで使えるフォトビューアーのお勧めを10種類ご紹介しました。あなたのお気に入りは?Twitterでシェア

パート2: Windows 10<に最適なフォトビューアー

長所

短所

MiniTool MovieMaker

Windows 10/8/7のみ対応

Microsoftフォト

  • 直感的なインターフェース
  • GIF画像に対応
  • さまざまなファイル形式に対応

ファイルサイズの縮小は不可

IrfanView

  • 軽量で使いやすい
  • 多数のファイル形式に対応
  • 巨大なRAW画像を簡単に扱える

フォルダのスクロールが面倒

FastStone Image Viewer

  • 名前の変更や変換を一括でできる
  • 優れたキーボード操作
  • メール共有機能を提供

一部の操作が遅いことがある

XnView

  • スライドショーやWebページ、動画のサムネイルを作成できる
  • Linux、Windows、Mac OSに対応
  • 写真へのタグ付け機能

個人利用に限り無料

HoneyView

  • 使いやすい
  • 多数のトランジション効果に対応するスライドショー

編集ツールを搭載していない

ACDSee Ultimate

  • ZIPフォルダを解凍せずに画像を閲覧できる
  • ズームイン機能

マウスホイールの感度が良すぎる

JPEDView

  • 充実した編集ツール
  • 名前の変更や変換を一括でできる

マウススクロールで写真サイズの変更ができない

123 Photo Viewer

  • OneDriveに対応
  • 画像形式の一括変換
  • さまざまなフィルターやエフェクトを提供

他の機能を搭載していない

Googleフォト

  • 写真やビデオを無制限にバックアップ
  • どの携帯電話、タブレット、コンピューターからでも写真や動画にアクセスできる

クラウドに保存された画像の閲覧にはインターネット接続が必要

比較してみて、Windows 10で最も優れたフォトビューアーを見つけられましたか?どれも一長一短がありますが、ここではフォトビューアーとしてだけでなくビデオプレーヤーとしても使えるMiniTool MovieMakerが最もお勧めです。

パート3: Mac/Android/iOSに最適なフォトビューアー

ApolloOne - Macでお勧めのフォトビューアー

ApolloOneは、Macで写真を効率的に整理・閲覧できるソフトです。カメラのRAW処理エンジンが搭載されており、画像の詳細やカメラ関連の情報をすばやく確認できます。スライドショーモードでは、12種類のトランジション効果とループで写真を表示します。

QuickPic - Androidでお勧めのフォトビューアー

QuickPicは、Androidで最も優れた写真ビューアー-と言われています。広告なしで、完全無料です。また、シンプルなフォトエディターが搭載されており、名前の変更、アルバムの作成など、ほとんどのマルチメディアファイルの基本的な編集が可能です。わずか数回のクリックで、写真や動画をフォルダ間でコピーしたり移動したりできます。ジェスチャーやマルチタッチにも対応しています。

Slidebox - iPhoneでお勧めのフォトビューアー

SlideboxはiPhoneユーザーに最もお勧めのフォトビューアーで、メディアの閲覧が簡単にできる優れた機能を搭載しています。ファイルをきれいに分類し、写真、ムービー、スクリーンショット用に異なるフォルダを作成できます。スムーズなインターフェースで必要最低限のギャラリーアプリケーションをお望みの方は、Slideboxを試してみて下さい。

パート4: ボーナスヒント - デフォルトのフォトビューアーを設定する方法

Windows 10のデフォルトのフォトビューアーを変更するには、以下の手順に従います。

  1. お好みのフォトビューアーをPCにインストールします。
  2. 検索バーに「既定」と入力します。
  3. 既定のアプリ」→「写真」と進みます。
  4. お好みのフォトビューアーをデフォルトのフォトビューアーとして選択します。

デフォルトのフォトビューアを変更する

最後に

Windows 10ですぐに使えるお勧めのフォトビューアーをご紹介しました。他に優れたフォトビューアーをご存じの方は、[email protected]までメールでご連絡いただくか、下記のコメント欄にお寄せ下さい。

Windows 10 お勧めフォトビューアーよくある質問

Windows 10にはフォトギャラリーがある?

Windows 10には、Windowsフォトギャラリーに代わるアプリとしてMicrosoftフォトが搭載されています。

Windows 10でお勧めのフォトビューアーは?

  • MiniTool MovieMaker
  • Microsoftフォト
  • IrfanView
  • FastStone Image Viewer
  • XnView
  • HoneyView
  • ACDSee Ultimate
  • JPEDView
  • 123 Photo Viewer
  • Googleフォト

Windows10に最適な無料の写真編集ソフトは?

  • Adobe Photoshop
  • Microsoftフォト
  • Fotor
  • PicsArt
  • GIMP
  • Canva
  • Pixlr
  • NET
  • PhotoScape
  • Photastic Collage

コンピューター内の隠れた画像を見つけるには?

  1. ファイルエクスプローラーを開きます。
  2. 表示」をクリックし、「オプション」を選択します。
  3. 表示」を選択し、「隠しファイル、隠しフォルダ、および隠しドライブを表示する」にチェックを入れます。
  4. OK」をクリックしてすべての変更を保存します。

  • Linkedin
  • Reddit