PowerPointプレゼンテーションファイルに音声注釈を追加したり、オーディオを録音したりすると、プレゼンテーション全体がより豊かで魅力的なものになります。そこで、この記事では、PowerPoint プレゼンテーションでオーディオを録音する方法について説明します。

PowerPointプレゼンテーションにビデオ/オーディオのクリップを追加することは、非常に一般的な操作です。また、プレゼンテーションで伝いたい情報をより直接的に視聴者に伝えるために、PowerPointプレゼンテーションに音声ナレーションを録音することがあります。この記事では、PowerPoint で音声ナレーションを録音して再生する方法について詳しく説明します。ビデオにオーディオを追加する必要がある場合は、MiniTool MovieMaker を使用することをお勧めします。

PowerPointでオーディオを録音する方法

ここでは、PowerPointプレゼンテーションにオーディオナレーションを録音して追加する方法についての手順を説明していきます。

ステップ1. PowerPointプレゼンテーションを開き、ナレーションを録音したいスライドを強調表示します。

ステップ2. トップメニューから「挿入」タブをクリックし、オーディオのドロップダウン矢印を開き、「オーディオの録音」を選択します。

注意: オーディオ録音デバイスが利用可能であることを確認してください。

ステップ3. 録音するオーディオファイルの名前を入力します。

ステップ4. 録音を押すと録音が始まり、録音の合計長さを示すタイマーがスタートします。

ステップ5. 録音を停止する準備ができたら、「停止」ボタンを押します。

ステップ6. 録音したものを再生して聞くには、「再生」アイコンをクリックします。

ステップ7. 録音した内容に満足したら、「OK」をクリックしてプレゼンテーションに挿入します。次に、「オーディオ」アイコンを選択し、スライド上の必要な場所にドラッグします。

おすすめ記事:最高の MP3 レコーダー – あらゆるオーディオを MP3 にキャプチャ

PowerPointで録音したオーディオを再編集する方法

ナレーションを録音したら、それを再編集することができます。スライド上の「オーディオ」アイコンをクリックすると、ツールバーに「オーディオツール」という新しいタブが表示されます。

オプション1. 書式

標準のオーディオファイルのアイコンを変更または修正したい場合は、「書式」 タブの 「ピクチャの変更」、「ピクチャスタイル」、「ピクチャエフェクト」などのオプションを使用します。

オプション2. 再生

1.プレビュー

フォーマットを変更した録画ファイルをプレビューします。

2.ブックマーク

「ブックマーク」グループには「ブックマークを追加」オプションがあり、タイムライン上に表示されます。録音中にブックマークを追加すると、そのポイントに素早く移動して再生することができます。

3.編集

編集」グループには、「オーディオのトリミング」、「フェードイン」と「フェードアウト」などの複数のオプションがあります。

4.オーディオオプション

オーディオオプショングループには、次のようなオプションがあります。

  • 音量: 録音の音量を設定します。
  • 開始: ドロップダウン矢印をクリックして、記録の開始方法を選択します。
  • スライド全体で再生: これを有効にすると、プレゼンテーション全体で録音が再生されます。
  • 停止するまでループする: 有効にすると、プレゼンテーションの最後まで録音の再生が停止しません。
  • ショー中に非表示: 録画の再生中にアイコンを非表示にする場合は、このオプションをオンにします。
  • 再生後に巻き戻す: オーディオ クリップが最後に達したときにタイマーを最初に戻す場合は、このオプションをオンにします。

5.オーディオスタイル

  • スタイルなし: 選択すると、オーディオ クリップの再生オプションがリセットされます。
  • バックグラウンドで再生: 有効にすると、オーディオクリップがバックグラウンドでスライド全体に連続再生されるように設定されます。

おすすめ記事:2022年版 Windows 10のお勧め無料サウンドレコーダー[信頼性あり]

結語

この記事は、PowerPoint プレゼンテーションにオーディオを録音して追加する方法を紹介しています。ご質問やご提案がありましたら、[email protected]までお知らせいただくか、下のコメント欄にメッセージを残してください。

  • Linkedin
  • Reddit