家で過ごすことが多くなった今、暇つぶしには映画鑑賞が一番です。この記事では、現在視聴可能な4K映画の名作をまとめました。もちろん、自分で映画を作ってみたい方には、MiniToolソフトウェアをお勧めします。

4K映画とは?

4K解像度とは、水平方向の表示解像度が約4,000画素であることを意味します。テレビや消費者向けメディアでは3840×2160の4K規格が主流ですが、映画上映用には4096×2160の4K規格が採用されています。

4K映画の名作8選

#1. インターステラー (2014年)

IMDb: 8.6/10

「インターステラー」は、4K HDR映画の黎明期に公開された作品です。この映画はどの解像度でも見応えがありますが、4Kでは本当に美しく、細部まで鮮明に描写された圧巻の映像となっています。

#2. 1917 命をかけた伝令 (2019年)

IMDb: 8.3/10

2019年12月4日にイギリスで初公開された「1917 命をかけた伝令」は、技術的にも驚異的な作品であり、特に上級ディスク版は4Kで楽しめます。

#3. ジョーカー (2019年)

IMDb: 8.5/10

アメリカのサイコスリラー映画「ジョーカー」は、圧倒的な音響と映像を誇る4K Ultra HD Blu-rayでリリースされました。

#4. ブレードランナー 2049 (2017年)

IMDb: 8/10

ブレードランナー2049」は、自宅でも映画館と同じような迫力ある4K映像を楽しめる映画です。

お勧め: 3D映画の名作6選

#5. デッドプール2 (2018年)

IMDb: 7.7/10

デッドプール」のファンであれば、第2作の4Kバージョンは一見の価値があります。フルHDと比較すると、細部、コントラスト、色調が大幅に改善されています。

#6. スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け (2019年)

IMDb: 6.7/10

スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」は、特にアトモスサウンドの設定で観ると見応えがあります。

#7. レディ・プレイヤー1 (2018年)

IMDb: 7.5/10

レディ・プレイヤー1」は、スティーブン・スピルバーグ監督によるアメリカのSFアドベンチャー映画で、HDR映画の最高傑作の1つです。

#8. ブラックパンサー (2018年)

IMDb: 7.3/10

ブラックパンサー 」は、4K HDR映画の中でも最も印象的な作品と言われていますが、それはこの映画で最先端のCGI(Computer-Generated Imagery)が使われているためです。

関連記事: 映画の字幕を無料でダウンロードできるお勧めウェブサイト トップ8

4K映画をダウンロードできるサイト

このような4K映画を見ることは最高の娯楽ですが、どこで観たりダウンロードしたりすれば良いのでしょうか?そこで、4K映画をダウンロードできるサイトを3つご紹介します。

1.Netflix

Netflixは、科学、スリラー、ドキュメンタリー、コメディ、アクションなどの4K動画をいち早く配信するサイトです。現在、Netflixのオリジナル作品のほとんどが4Kで配信さ れており、多くのHDR作品があります。一部の4K作品は3Dで視聴できます。

2.YouTube

現在最も人気のある動画共有サイトの1つであるYouTubeは、480pから4Kまでさまざまな解像度に対応しています。多くの4K動画が複数のカテゴリーに分類されており、YouTubeで配信されている4K動画はすべてロイヤリティフリーです。

関連記事:YouTubeで映画鑑賞

3. Vudu

Vuduは、さまざまな4K映画の名作を無料でダウンロードできるサイトです。VuduのUHDコレクションには100作品以上の映画があります。動画は標準画質、高画質、4K Ultra HDで配信されています。

関連記事: 史上最高のTVシリーズ トップ9 - レビュー&ダウンロード

最後に

以上、4K映画のお勧めを8作品ご紹介しました。全部ご覧になりましたか?他に良い4K映画をご存じでしたら、[email protected]までご連絡いただくか、下記のコメント欄にお寄せ下さい。

  • Linkedin
  • Reddit