MIDI(Musical Instrument Digital Interface)は、電子楽器やコンピューターなどの機器が相互に通信するためのプロトコルです。編集したいMIDIファイルがある場合は、この記事に掲載されている7つのMIDI編集ソフトを試してみて下さい。

この記事では、MIDI編集に最適な無料MIDIエディターを7つご紹介しています。それでは始めましょう。(ミュージックビデオを作ってみたい方は、MiniTool MovieMakerをお試し下さい)

#1. MuseScore

MuseScoreは、MIDI音楽ファイルの作成・編集ができる優れたMIDIエディターです。MIDI以外では、WAV、OGG、MP3、FLACなどの音声形式に対応しています。さまざまな楽器のための100万曲以上の楽譜を持つ楽譜作成ソフトでもあります。無料のオープンソースで、Windows、Mac、Linux、Android、iOS、Kindleで動作します。

関連記事: お勧めMIDIプレイヤートップ5

#2.Crescendo Music Notation Software

シンプルなインターフェースを持つCrescendoは、作曲やMIDI音楽ファイルの編集に最適です。拍子記号や調号の変更、音符やリセットの追加などが可能です。MIDI音楽を編集した後、MP3やWAVにエクスポートできます。Windows、Android、MAC、iOSに対応しています。

MIDIからMP3に変換する方法については、こちらの記事をご覧下さい:MIDIからMP3への変換ソフトトップ5

#3. MixPad

MixPadは、音声のミキシングや複数トラックの同時録音のために設計されたMIDIエディターです。音楽ファイルに使用できる数千曲のロイヤリティーフリーの音楽ライブラリが内蔵されています。ビートメーカーとしても利用できるほか、作成した音楽ファイルをSoundCloud、Dropbox、Google Driveにアップロードできます。

#4. Rosegarden

無料MIDIエディターであるRosegardenは、ファイルの結合やトラックの削除など、さまざまな方法でMIDIファイルを編集することができます。作曲家、音楽学生、ミュージシャンに最適なツールです。

初めてRosegardenを利用する方のためにユーザードキュメントを提供しています。チュートリアルを読むにはウェブサイトにアクセスして下さい。

#5.シンセフォント

SynthFontは、音符の削除・複製・追加のほか、パラメーターの設定やVSTエフェクトのトラックへの適用など、さまざまな編集ツールを搭載したMIDIエディターです。また、MIDIファイルの作成・再生にも対応しています。

#6. PianoRollComposer

PianoRollComposerは、すべてのWindows OSで利用できる、MIDIファイルの再生・作成・編集が可能なソフトです。他のMIDIファイルエディターと同様に、BPM、ベロシティ、テンポの変更など、多くの編集ツールを備えています。

関連記事:お勧め音楽タグエディター ベスト6

#7. Aria Maestosa

Aria Maestosaは、多言語に対応したオープンソースのMIDIエディターで、すっきりと整理されたユーザーインターフェースを備えています。シンプルなインターフェースで、MIDIファイルの再生・編集・作曲をわずかな手順で行うことができます。無料で、Windows、Mac OS X、Linux/Unixに対応しています。

最後に

以上、お勧めのMIDIエディターを7つご紹介しました。どれがお気に入りですか?コメント欄でお知らせ下さい。

  • Linkedin
  • Reddit