ディープフェイクアプリは、 人工知能などの高度な技術を利用して、偽の画像や動画を作成するものです。操作はそれほど難しいものではなく、面白くてクリエイティブな画像や動画を簡単に作ることができます。

人気を博しているディープフェイクアプリの魅力を、一緒に確かめてみませんか?

写真からスライドショーや動画を作りたい方には、MiniTool MovieMakerをお勧めします。

Reface

Refaceは、人工知能をファッションの新境地にまで高めることを目指した無料のディープフェイクアプリです。GIFや動画で顔交換ができます。Refaceには主に3つの機能があります。

GIF、画像、動画に自分の顔を当てはめて、リアルな顔交換ができます。例えば、好きな芸能人を選んで、写真同士を組み合わせると、顔や髪型、性別を変えられます。

顔を入れ替えたり、アニメーションを作ったりすることも可能です。画像をリアルに見せるだけでなく、どんな画像も動いたり歌ったりさせることができます。

操作が簡単でインターフェースもすっきりしており、顔交換を存分に楽しめます。完成した作品は、SNSで世界中の人々と共有できます。

Reface

Zao

Zaoは、中国などで人気の中華ディープフェイクアプリです。

芸能人や映画の登場人物と顔交換をして面白い動画を作成し、好きなキャラクターとの距離を縮めます。

Zaoは、中国の有名TVシリーズやハリウッド映画のシーンなどの豊富なデータベースから、自分に合ったものを選んで動画編集ができるアプリです。わずか数秒の操作で、リアルなディープフェイク動画を作成できます。

Zaoのアルゴリズムは主に中国系の顔を認識するので、他の人種では少し不自然になってしまうのが難点です。

FaceApp

FaceAppはAIを利用したフェイスエディターで、スマートフォンで普及した最初のディープフェイクアプリの1つです。人工知能で非常にリアルな写真を作ることができます。

FaceAppは、人工知能、画像認識システム、ディープラーニング技術、高度な機械学習を駆使して、スムーズでシームレスな写真編集を可能とするアプリです。

自撮り写真に深みを与えてより魅力的にしたり、顔のシミやシワを取り除いたり、髪やヒゲを追加したりできます。また、写真の中の自分を老化させて、将来の自分の顔を見られます。

ポートレート写真をワンクリックで雑誌のような写真に変える、優れたAIフィルター、エフェクト、背景などのツールを備えています。

FaceApp

Jiggy

Jiggyは、写真の中の体や顔を入れ替えてアニメーションを作ったり、 面白いGIFや動画、ステッカーを作成したりできる多機能ディープフェイクアプリです。

自分なりのGIF、動画、ステッカーを作成し、最大3人と交換できます。100以上のユニークなダンスが用意されており、楽しい写真に変身させます。リアルタイム顔変換、性別変換などのツールも搭載されています。

友人や家族にイタズラするには、このディープフェイクアプリが間違いなく一番です。

最後に

この記事を読んで、ディープフェイクアプリについて理解を深めていただけたかと思います。ディープフェイクアプリが面白そうだと思う方は、ぜひダウンロードして試してみて下さい。

  • Linkedin
  • Reddit